wani の音楽日記

音楽が好きな大学生です。 とはいえ音楽経験は全くないので完全フラット素人目線の自己満垂れ流しブログです。

SHISHAMOの全国ツアーに参加した話

こんにちは。お久しぶりです。

 

気付いたら新年が明けて早1ヶ月、、、

光陰矢の如しとは言ったものです。。

自分はカラオケ屋でバイトしているのですが、年末年始は怒涛の連勤でずっっと職場にいた記憶がします、、

大学と就活をしながらのはずなのに1月の労働時間は270時間でした🧚‍♀️

 

熾烈な僕のプライベートですが、そんな中数少ない休みにSHISHAMOのライブを見に行ってきました。1/14のZepp Osaka bayside。

 

ワンマンを見に行くのは初めてでしかも身長185の大男が単独で。てっきりSHISHAMOリスナーは若い女性が多いイメージだったので、オールスタンディングで痴漢冤罪なんてかけられたらどうしようと怯えながら向かいましたが意外にも男性ファンの方も多くて安心でした。

 

盛り上がりたかったので勿論開演前に物販コーナーでタオルをゲッツ。

 

いよいよ開演。

オールスタンディングで整理券も早めだったのでかなりの至近距離で見るSHISHAMO。かわいい、、!!

これは別の話なんですが、自分宮崎朝子さんがものすごくタイプなので目の前で見れて超感激でした。。

冒頭はSHISHAMO6に新録されている新曲を何曲か立て続けに。

 

ひっちゃかめっちゃか

ひっちゃかめっちゃか

新アルバムでは今までにない新しい挑戦が盛り込まれていると語っていましたがこの曲のインパクトはすごかったですね。Aメロ全面語り調のSHISHAMOにしては珍しい感じ。

アップテンポなのにスリーピースのギタボとは思えないくらい洗練されたリズミカルなストローク。知らない曲なのに、自然に体が揺れてしまう。

 

そして最初のMCだったんですが、吉川さんと松岡さんが話し上手でとても面白い。ガールズバンドの持つ独特のノリというか、仲の良さが伝わってくる感じがとても微笑ましいです。

朝子さんはMCになると思ってたよりクールでしたね。

 

セトリは自分的にはちょっと物足りない感じでしたが、新曲も聞けたしタオルも回せたので満足です。

"熱帯夜"と"君とゲレンデが"好きなのでそこ聞けたのはとても良かったです。

 

すごくコアな話になるのですが、"君とゲレンデ"の最後のサビの

優しいんだね でも涙は 自分の手で拭くよ

の部分がマジクソ好きなんですよね。

伝わりますかね、拭っくよ〜 ってとこの音が絶妙に気持ちいいところに滑り込んでくる感じ。

ライブでもたまんなかった。

 

あともうふたつ好きなところ共有したいんですけど、"BYE BYE"のサビのばっばっばばばっばっばぁ〜いってところあるじゃないですか?

あれ1番ではアカペラになるのに最後は途中でカッティングが被るんですよね、それがもうカッコよすぎて。

 

それと、ライブでは聞けなかったのですが、"昼夜逆転"の1番サビが、Cメロサビバリに静かになるところ。なんでそこで静かになる!?っていう裏切りがとても良い。

 

.

.

.

 

こういう音楽のめちゃくちゃマニアックな好きな部分を人に共有するのってすごく楽しくないですか???

完全に独り言気分なのですがSHISHAMO好きな方ならきっとわかってくれるはず、、

 

とりあえずライブとしては最高の物だったので、是非夏の等々力ライブでもお目にかかりたいですね。そして次こそは昼夜逆転を、、、!!!

 

昼夜逆転

昼夜逆転

.

.

 

ではまた!

 

 

 

 

今年はnever young beachに魅せられた

こんにちは。

 

諸事情で記事にはちゃんと書けませんでしたが、今年もロッキンに参加してきました。(もう三 ヶ月前の話ですが。怖い。)予定が多かったため10日だけでしたが。

 

しかし10日はかなり僕得なアーティストのラインナップだったので朝から晩まで興奮の冷めやらぬスケジュールでした。

 

ポルカ、スキャンダル、でんぱ組、緑黄色社会、ユニゾンバンプ、、、

 

しかしまあ僕が見たアーティストの中でも、今年1番インパクトがあったのは他でもない"never young beach" のステージでした。

 

時代逆行バンド

 

never young beach。ネバヤン。ご存知でしたでしょうか?ボーカルの安部勇磨さんは俳優の高橋一生さんの実弟です。

活動したのが2014年頃からでメジャーデビューは2017年なので、新しめのバンドと言ってもいいでしょう。

 

ロッキンの出演が決まってから、音源を1度も聞いたことがなかったバンドだったのでYouTubeで漁ってみました。1番上にでてきた『明るい未来』という楽曲のMVを見てみることに。

 

YouTube

 

カップルらしき二人が仲良く戯れている姿がホームビデオ感覚で、演奏風景と交互に流れるよくあるMV。

 

胸が締め付けられる。

 

演奏もなんだかレトロな雰囲気を醸し出す感じ。YOUR SONG IS GOODとか、ユニコーンとか、その世代の人にはかなりハマりそう。

 

そしてボーカルの声。なんだかやるせない感じのゆったりした声。脳内麻薬が分泌される。

 

コメントに"時代逆行バンド"という表現を見つけましたが、まさに的確な表現。

 

高音信仰の今日には不似合いといえる独特な楽曲。どこかレゲエっぽい、きっと8.90年代のバンドサウンドに影響を受けているのだと思いますが、98年に誕生した僕の心さえくすぐりやがります。

 

 

 

「お別れの歌」

 

そんなnever young beachの代表曲に『お別れの歌』というものがあります。こちらもMVがYouTubeにあるのですが、これがマジで涙無しには見れない。

 

小松菜奈さんが主演のMVなのでかなり有名になっていて、数百万回再生されています。

 

MVは7分半ほどですが、曲自体は3分程度のコンパクトなもの。タイトルの通りお別れを歌った歌なのですが、ダラーっとした小松菜奈との恋人生活が描かれたこのMV、見終わる頃にはきっと誰しもが小松菜奈と別れた気持ちになっているはず。

 

しかしまあなんというか、こういうお別れソングって世の中にはたっくさんあるわけじゃないですか。

それこそシンガーソングライターにありがちなしっとりとしたバラード曲だったり、ポップで励まされるような曲だったり。

 

never young beachの「お別れの歌」はなんだか、温かい気持ちになれるお別れソングですね。お別れは寂しいものではあるけど、確かに寂しいけどどこか温かみがある。

立ち直れる!とか励まされる!とはまた違った意味で前向きになれる気がします。

 

YouTube

 

こちらフジロックでのお別れの歌のライブ。

会場全体がなんだかほっこりしている。バンドのビジュアルといいサウンドといい、ゆる〜く心の隙間を埋めてくれるような独特の良さ。

 

 

.

.

.

.

 

最近めちゃくちゃ涙脆くって、知らない人の結婚式のムービーとか見て1人でダラダラ泣いてます。

泣くのってなんかスッキリして気持ちいいんですよ。心が洗われる気がして。

笑うのもいいですけど泣くのも大事だと思いますね、たまには。

 

.

.

話は変わるんですけど、MOROHAというバンドをご存知でしょうか。僕も名前しか知らなかったのですが。

友達に勧められて初めて聞いてみました。

ポエトリーリーディングというジャンルらしい。メロディー先行型の自分にとって、ラップやら語り系の音楽は少し苦手意識がありました。

いや正直初めて聞いた時はなんやねんこれふざけてんのかって思いましたよ。経験値もなかったし。

しかしなんでしょうこの独特の語り口というか言葉のチョイスというか。アコギのメロディー自体はかなり洗練されていて聞きやすい。

語りのテンポ、抑揚というか音程がすごく癖になってしまう、、

 

バラ色の日々

バラ色の日々

  • MOROHA
  • J-Pop
  • ¥250

 

互いが互いの月と太陽、、、どうやったらこんな歌詞出てくんだ、、

 

もし興味があったら少し聞いてみて欲しい、かもしれないです。

.

.

 

では。

バカアホまぬけ

こんにちは。

 

うんこうんこ!!!!

 

 

何故いつも冷静沈着な僕が柄にもなくこんなに取り乱しているかって??

 

はぁ、、

 

実は僕、ロッキン三日目8/10に参戦したので、そこは1ブロガーの端くれらしく、ライブレポを書こうと思ったのです。

 

初めて見たポルカ阿部真央、ユニゾンのMC無しの熱いステージやタピオカ屋と間違うレベルのBUMPの物販。

 

執筆を開始し、4500文字にも登る錚々たるブログが出来ました。例によって夜勤明けだったので、寝ぼけ眼で書いていたため、クオリティはさておき。

 

僕にしては頑張りました。いろんなアーティストのセトリやMCを思い出し、必死に書きました。全然関係ないけど、マジで原因不明の虫に足の付け根を刺され、数週間痒みが止まらないことも綴りました。

そして、よしプレビューすっかと右上のボタンを押したところ、

 

誤 っ て 削 除 し た 。

 

おいいいいいぃぃぃぃい!!!!!!!!

 

マンガかよ!!!!!!!見飽きてるよこの展開!!!!!!!!!

 

さすがに4500文字のレポートを書き直す気にはなりません。。単位も出ないし。。

 

はぁ。。まじ。。病みそう。。。

 

なのでロッキンのレポートをもう簡潔にまとめますね。

 

 

すげー楽しかった!!暑かった!!!ぼっちだったけど!!!!!

 

 

クソ。Wordみたいに自動保存システム搭載しろ。

 

以上。

 

では。

アニメと音楽の関係ってカレーとライスみたいなもん

こんにちは。

 

皆さんアニメってみます?

アニメって言ってもいろいろありますよね、ワンピースとかドラゴンボールとか国民的な夕方や朝に放送されてるようなアニメだったり、深夜に放送されてる青年向けのアニメだったり。

 

僕が初めてiPodを手にしたのは中1で、当時は8GB全てアニソンで埋め尽くされていました。

 

中学の思い出を語る上でアニメは切っても切り離せないくらい熱中していて。

まあいわゆるアニメオタクでした。熱心な。

 

特にハマったのはSteins Gateですね。中学二年とかだったけど友達と池袋まで行って映画見ました。あの時のドクペの味たるや。

 

そしてまあアニメにハマると必然的にアニソンにもハマるわけです。アニメって、オープニングとエンディングのテーマとか、挿入歌がかなり大きな役割を担っているように感じます。

そんな僕が音楽的観点からオススメするアニメを紹介しましょう。。

 

.

.

.

けいおん! ☆☆☆☆

 

f:id:waniwani_q:20190717135304p:image

 

音楽、アニメ この二単語で結びつく最もポピュラーなアニメと言っても過言ではないでしょう。ほかのブログやらまとめサイトやらでさんざん特集されていて既に見ている方も殆どだと思いますが敢えておすすめしましょう。

 

Utauyo!!MIRACLE

Utauyo!!MIRACLE

 

オープニング曲にもなっています。Utauyo!!MIRACLE。名前がダサすぎる。ローマ字表記やめろ。

しかしまあ聞けばわかる通り曲のクオリティはピカイチ。イントロのベースかっけぇすぎ。ギターもキーボードも、アニソン独特のハイBPMを見事にこなす素晴らしい演奏。ボーカルもキャラクターのイメージを崩さずにしっかり歌い切り、アニソンならではの良さを引き出している。

 

ストーリーとしては女子高の4人組が軽音部に入りバンドを組む、3年間の部活青春を描いた王道ストーリーです。

まだ見てない方で偏見を持ってる方に知ってもらいたいことなのですが、男性キャラが全く出てきません。恋愛要素は皆無と言えるでしょう。ただ可愛い女の子たちが音楽を頑張る。キラキラ。

しかしまあ大人でも熱中しちゃうくらい凝った内容なんですね。アニメならではのサウンドが漫画にその名の通り息を吹き込んだ。

ちょっと女子高生バンドにしては演奏が素晴らしすぎますが、そんなとこまで気にしてどうするんですか?

ちゃんと卒業まで描かれているので、最終話まで蛇足感なしに楽しめます。ラストは無論涙無しには見れない(個人差はあります)

 

 

.

.

.

.

②響けユーフォニアム ☆☆

 

f:id:waniwani_q:20190717140614j:image

 

ユーフォニアムと呼ばれる金管楽器に魅了された少女を中心に描く女子高生の吹奏楽部ライフ。こちらも男性はほとんど登場しません。なにせ吹奏楽部なので。

同じく京都アニメーションが制作しているのですが、このアニメは特に作画に定評があります。キャラクターのみでなく楽器や背景など、素晴らしいクオリティのアニメーションと言えるでしょう。

吹奏楽部の話なので劇中歌はあまり印象に残っていません。悪しからず。

 

DREAM SOLISTER (Movie Ver.)

DREAM SOLISTER (Movie Ver.)

  • TRUE
  • アニメ
  • ¥250

 

こちらがたしか2期のオープニング。明るくていい曲ですがまあちょっといいアニソン止まりって感じではありますね。

 

軽音と全体の流れは似ていますが、ちょっと百合っぽい要素もあります。音楽を題材にするアニメの中ではちょい微妙。2期の中盤とか少し退屈な感じでした。個人的には。

 

ただ演奏シーンや動きやカットなど、アニメーションとしてのクオリティは半端じゃない。2代目けいおんを作ろうと頑張ったのでしょう。

 

 

.

.

.

坂道のアポロン ☆☆☆☆

 

f:id:waniwani_q:20190815121430j:image

 

実写で映画化もされていましたね。アニメは7.8年くらい前にノイタミナの枠でやってました。つり球と同時期だったかな。

地方に越してきた主人公がそこで出会った少年少女とジャズバンドを組む、王道青春ストーリーです。そして音楽に精を出す傍ら、主人公はヒロインの女の子に恋をする、この恋愛の描かれ方も非常にリアリティがあって甘酸っぱいです。下手なラブコメより全然楽しめる。

そして、音楽の題材が在り来りな軽音とか吹奏楽とかじゃなくてジャズってところがオシャレですよね。音楽アニメ全てに共通して言えるのですが、漫画だと表現の限界があるところ、アニメだと音楽を挿入できるので抜群に良さが伝わります。

 

ぜひ、まだ映像化されていない音楽漫画はすぐに映像化して欲しいものです。

 

坂道のメロディ

坂道のメロディ

 

OPはYUKIYUKIを起用するあたり渋いセンスしてますね。しかし、メロディにはしっかりアニソンを感じさせるポップさが潜在しています。スピード感の緩急や高いキーで韻を踏む具合が絶妙に口ずさみたくなるメロディを構築しています。自転車で坂を駆け下りながら聞きたい。

 

TARI TARI ☆☆☆☆☆

 

f:id:waniwani_q:20190815122815j:image

 

こちらはまた打って変わって合唱部のお話。

合唱というのもまた映像ならではですね。楽器をやったことない人にとっても親近感は感じやすいと思います。

別々の夢を志していた5人が集まり、紆余曲折の果てに「合唱時々バドミントン部」を設立します。

高校三年生、高校最後の夏というリアルな時期がキャラクター達各々の心情に深みを持たせています。江ノ島が舞台で背景などの描写もかなりノスタルジック。

心の旋律

心の旋律

 

合唱って、普通のバンドサウンドとは違うエモさがありますよね。合唱コンクールやりてぇ。

 

 

 

 

.

.

.

 

音楽をモチーフにしたアニメを紹介しましたが、この他にも素晴らしいアニソンって山ほどあります。

アニメがサブカルチャーとして台頭するようになってから、「アニソン」がひとつの音楽ジャンルとして確立しています。

無意識に煙たがっていたり、偏見で聞いていなかったりする人がもしいるのならば是非軽い気持ちで手を出してみてはどうでしょうか。

 

身近なところだと、ジャンプのアニメのアニソンは手が付けやすいし名曲が多い気がしますね。

 

銀魂とか

かさなる影

かさなる影

修羅

修羅

  • DOES
  • ロック
  • ¥250



ナルトとか

distance

distance

Broken Youth

Broken Youth

  • NICO Touches the Walls
  • ロック
  • ¥250

 

 

まあこの辺はアニソンというより、アニメのテーマ曲になったJPOPって感じか。

 

 

.

.

アニメに関してはまだまだ未熟なので、おすすめのアニメやアニソンがあればぜひ教えてください、、共有しましょう

 

 

では。

就活が始まった

こんにちは。

 

いやー久々ですね。気づけばもう8月、夏休みです。僕も7月怒涛のシフトの中なんとか論文やテストを乗り越え(乗り越えたとは言ってない)夏休みを満喫しています(満喫しているとは言っていない)。

 

みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

彼女と海やお祭り、友達とプールやバーベキュー、、夏は心躍るイベントが目白押しですね。

 

目白押しですね。

 

まあ、いいんですよ。そんなことは。

ぼくは今年で大学3年生。来る夏。そう、このふたつが意味すること。

 

就職活動。

 

なんやねんそれ。ハリたおすぞ、マジで。

 

とか言いつつぼちぼちインターンを始めてるわけです。根は真面目なので。

 

 

僕の一本目のブログを読んでくれた方なら知ってるかも知れないんですが、僕の志望業種ってマスコミなんですね。それで、まあ某大手新聞社に試しにインターンを応募してみて、なぜか順風満帆にエントリーシートが通って行ってきました。

 

今日はその感想、あと一応音楽ブログなので最近ハマってるバンドとかについて話そうと思います。

 

ウルフカットで説明会

 

まともに就活なんてしたことなかったんで、かなりドギマギしながら初回の説明会に行きました。リクルートスーツ不要とだけ書いてあったので、個性私服全開で行ってやりました。

するとまあ、予想はしてたのですが周りは白シャツスラックスみたいな。いやほぼスーツですよそれ。

 

説明会前に俺以外みんなLINEで繋がって俺だけ陥れようとしてるわけじゃないよね?

 

さすがにまずいかなとは思っていましたがウルフカット(襟足が長い髪型)で参加してる尻の青い糞ガキは僕だけ。

危うく結ったまま参加するところでした。

 

まあそんなこんなで入場2秒でマウントを取られつつ、自分の指定された席に着席。会社の歴史とか、説明とか、理念とか、ESの書き方とか2時間くらい説明を受けてその日は終わり。

 

改めて、やっぱ就活したくねぇと実感しました。周りの意識の高さについて行けない。ユニクロでアルバイトをしていましたが、周りの意識の高さにやられ辞めました。その時と同じ感じ。

 

自分を評価してもらう場なのに他人との競争みたいになってるのがなんか嫌ですね。

 

受験の時は、これで人生決まる訳では無いと思って逃げてたけど、就活ってほぼ人生が決まる岐路だもんなぁ。

 

なんか病んだから就活の話やめていい?

 

なんか記事にしてたらフラッシュバックしてきたので話題変えません?最近ハマってるバンドを紹介しますね。

 

 

プラスチック隕石

プラスチック隕石

  • ドアノブロック
  • ロック
  • ¥250



ドアノブロック、というバンドです。高校生バンドから続いていて今年で22?歳くらいの新鋭バンドです。とはいえ、代表曲であるこの『プラスチック隕石』は高校生当初からずっとある曲なので、もう5.6年くらい前の曲にはなります。

 

なんというか、今っぽい独特な世界観のあるバンドです。

 

届きそうなカロンとキロンとプロキオン

今なら続く習い事

弾けてハジけなはじけ飛んだらさ

届くかなカロンとキロンとプロキオン

拙い宇宙語で歌ってたいの

 

うーん、意味わからん。高校生でこんな曲作れるってどんなセンスしてんだ。

 

とても可愛らしくポップな歌声なのに間奏でヘドバンしながらシャウトするんですよ。不思議だ。

 

でも絶対なんかが邪魔してる

なんか、こういうドーーーンっておっきい奴が私の隕石壊そうとしてる

なんかこう、ドーーーンっておっきいヤツが

あーもうどうしよう…

アーモンドしよう!!!

 

可愛いな。意味わかんねえけど。

 

それでいて、RO JACK for COUNTDOWN JAPAN 17/18 で優勝している実力者。

 

以下、公式PRより

Vo.の強度なエラの張りから繰り出される不思議な歌声。リードGt.の圧倒的妖怪感。サイドGt.から醸し出される強烈な陰キャラ臭。Dr.の驚異的な足の臭さから放たれるバスドラの響き。そしてBa.は処女。そんな5人が織りなすポップでロックでファンタジーな楽曲たちにご注目あれ。

 

同世代としても、今後の活躍に期待です。

 

.

.

.

 

なんか、まとまりのない記事になってしまいました。すみません。

言い忘れてたけど、皆さん夏フェス行きました??

 

僕はサマソニに外れ、ロッキンとゼミ合宿が僅かに被り、今年はロッキン10日にしか行けなさそうです。。

 

本当は初日に行ってLiSAと髭男生で見たかったのに。

 

まあ、青春がなくても夏フェスがなくても、夏は楽しめます。そう信じてます。

 

どうかせめて皆さんは、就活やらなんやらで身動きの取れない僕の代わりに夏を全開に楽しんで下さい。。

 

では。

 

夏の夜に聴きたい音楽

 こんにちは。

 

いやー、もう6月後半になってしまいました。

もう1年も折り返しですって。早すぎない。光陰矢の如し、time waits for no oneとは言ったものです。時をかけたい。

 

そんな就活生の泣き言は棚に上げつつ、今日は夏の夜に聴きたくなる音楽を紹介していこうと思います。

 

 

 

 

深い 深い 青

深い 深い 青

  • アンテナ
  • ロック
  • ¥250

 

一曲目は別記事で取り上げたアンテナの「深い深い青」。本当に曲を色で例えただけみたいな感じのタイトルです。的確。

 

特徴的なボーカルの柔らかさがなんとも清涼感のある音楽に昇華させています。サカナクションとかスピッツとか好きな人には絶対良さがわかるはず。

 

夏の夜にドライブなんてしながら風を浴びつつ聴きたい一曲です。

 

こちらも併せてどうぞ。

モーンガータ

モーンガータ

  • アンテナ
  • ロック
  • ¥250

 

 

なんだか、水中でヘッドホンをつけて聴いているような独特の抱擁感というか、包まれている感じがあります。

 

 

.

.

蜃気楼の町

蜃気楼の町

  • ドラマストア
  • J-Pop
  • ¥250

 

二曲目はドラマストアの蜃気楼の町。

イントロ、間奏のリードギターが可愛い。Aメロのテンポ感が心踊る。そして一番はこの柔らかく若干ハスキーなボーカルがとても爽快感がある。

サビでチェストボイストファルセットが交錯する曲が好きなのは僕の偏見ですが、この人のハスキーボイスからの透き通ったファルセットは超いいギャップ。最後のサビの

 

サヨナラ蜃気楼の町

明日のために生きてくのは

やめにしようよ 消える日まで

笑う 怒る 泣く 想う 愛する

それだけに必死でいてよ

 

ここの 泣く 想う のとこのアレンジが心底好き。

 

.

.

 

空奏列車

空奏列車

  • めありー
  • アニメ
  • ¥250

 

 

Orangestar というボカロPをめありーさんという歌い手さんがカバーした一曲。Orangestarさんといえばアスノヨゾラ哨戒班などが有名ですが、どれも夏っぽい、爽やかな水色って感じの楽曲で聞いてて清々しいです(語彙力)

 

今回選んだ空奏列車はAメロかなりハイトーンでボカロらしさ満載ですが、綺麗な歌声でビチっと音程をハメてくるめありーさんには圧巻です。

個人的には、サビの高い部分もチェストボイスで張り上げて歌い切っていることで迫力がありとても気持ちいいです。

 

メアリーさんとOrangestarさんのコラボアルバムはかなりかなり名盤なので気になった方は是非聞いてみてください。

 

.

.

 

夜中に

夜中に

  • ユアネス
  • J-Pop
  • ¥250

 

 

もう言っちゃっとる。夜中にって。言っちゃっとるけど。

 

ロッキンにも出場することで注目を集めていますね。ユアネス。

 

ボーカル黒川さんの弾き語り動画がTwitterで広まり、メジャーデビュー。今やロッキンにも出場する期待の新人。歌詞もかなり今風で、若い世代は魅了されてしまうのではないでしょうか。

 

まあなんと言っても僕がフィーチャーしたいのはそのボーカルの表現力。ラスサビでオクターブ差をつけて訴えかけてくる感じ、大好きです。

アウトロのエレキギターもなんだか切なく聞こえてきて、まさに夜中に聞きたくなります。

 

.

.

Adventure

Adventure

  • [Alexandros]
  • ロック
  • ¥250

 

 

お次は皆様御用達[Alexandros]のAdventure。

なんというか、オシャレすぎ。歌詞といい音運びといい、演奏といい、こんなんかっけえやん絶対。

ボーカルがハキハキしているのが凄くいいですよね、低音から高音まで。

Bメロからサビに繋がるところが好きです。

 

6月の雨の夜に、タバコを吸いながらヘッドホンで聴きたい曲ランキング1位。

ちょっと頭が悪くて歌詞の解釈ができないですが、言葉選びから才能が滲み出てますね。いつかワンマンに行ってみたい。

 

ロックの中に若干シティポップ感があるというか、洋楽感のあるコード進行というか、深いところから魅力を忍ばせてくるのが心底上手いバンドです。ラブソングに飽きたら聞きたい。

 

 

.

.

.

茜色の群青

茜色の群青

 

夏の夕暮れ時に聞きたい。sumikaって、個人的には、春春してるイメージですが、こういうエモい曲もあるんですよ。すごい。

 

sumikaの片岡さんもなかなかの実力派で、FM802尾崎世界観の栞の収録に参加した時、UNISON SQUARE GARDENの斎藤さんが「sumikaの片岡さんの声はずるい。収録の時誰よりも声が突き抜けていて、聴いたらビックリするくらい(声が)通る」とおっしゃられるほど。

確かに、柔らかい声質なのにスパーンとぶち抜くような、まさに腹の底から声が出ている感じがして音源上でも声量が伝わってきます。

 

この曲は王道失恋ソングなのですが、歌詞のディテールがとてもリアルでなんだか親近感が湧きます。小説を読んでる気分。

 

.

.

.

若者のすべて

若者のすべて

 

まあ、これを書きに来た。

うん、知ってたよね。まあこれだよ。

 

夏の終わりに聞きたいです。歌詞の通り。

この曲を聴くと真冬だろうと真春だろうと(真春って何?)夏の終わりを感じれる気がしますね。

 

僕はいわゆる志村世代ではないのですが、フジファブリックを代表する、夏の終わりを代表するこの曲を聴くと志村正彦さんの偉大さと尊さが苦しいほどに伝わります。

 

今更書くまでもないですが、僕はこの曲のBメロがめちゃくちゃ好きです。

 

夕方5時のチャイムが

今日はなんだか 胸に響いて

運命なんて 便利なもので

ぼんやりさせて

 

最後の花火を見る、君を探しに行こうとする僕。花火大会に君は来ているのか、来ていないのか、多分来ていないんだろうな。そんな想いに揺れる僕を焦らすような夕方5時のチャイムなんですね。

ここの歌い方、音程、歌詞、究極と言っていいほどにマッチングしている。一音一音伸ばす感じがなんともチャイム感を出している。音程が何となく夕方感を出している。なんなの?形容できない。音楽でしか形容できないであろう表現です。

 

ないかな ないよな なんてね思ってた

まいったな まいったな 

話すことに迷うな

最後の 最後の 花火が終わったら

僕らは変わるかな

同じ空を見上げているよ

 

エメぇ。バカか。

 

こんなエモいラブソングある?綺麗すぎる。

 

まさかいないだろうな、なんて思ってた君がいたんですね。花火大会に。あんだけ考えてたのに話すことに迷う。でも、最後の花火が終わったら僕らの関係は変わるかな? いや、変わるんです。

 

そんなひと夏のラブストーリーを回顧している、そんな歌。

 

最後の花火に 今年もなったな

何年経っても 思い出してしまうな

 

 

.

.

.

 

 

 

まあこんな所にしときましょう。

 

前回もあとがきの時に思ったんですけど、まあ別に夏じゃなくても良くね?って曲もあります。まあそこはいいじゃないですか、ご愛嬌ってことで。

 

いやーそれにしても若者のすべては何万回聞いても名曲ですよね。自分で考察しながらたまげました。

 

僕にも何年経っても思い返してしまうような夏が来るのでしょうか。来て欲しいような、欲しくないような。

 

話は変わりますが、僕は夏はまあまあ好きです。何故まあまあなのかと言うと、イベント事や夏休みの感じは大好きだけど、汗かくことと日焼けすることが大嫌いだから。結果的に10(大好き)-3(大嫌い)で7くらいの好き度になってます。

海とかプールとか、泳ぐのはあんまり好きじゃないんですけど夜の海とか、ドライブで海を眺めるのとか、すごく好きです。夏にしか感じられないような、The思い出って感じのイベントが、毎年毎年過ぎていく度に儚くなって、その儚さが心地よかったりするのです。

 

大人になりたくない(切実)(もう大人だけど)

 

みなさん、夏フェスでお会いしましょう、、

 

では。

ヨルシカには音楽を続けて欲しい

こんにちは。

 

 

 

待ちに待ったヨルシカのフルアルバムが発売されました。わーい!!!ぱちぱちぱち!!!!👏(遅い)

 

みなさんヨルシカって知ってますか?

もちろん僕が騒いでるので邦楽バンドなのですが。

 

まさに今旬なバンド。まあ語らせてください。

 

考えたくなる歌詞

 

ヨルシカはボカロP出身のn-bunaさんという方がコンポーザ兼ギター、suisさんという方がボーカルを務める2人組ロックバンドです。

 

かつてn-bunaさんのライブでsuisさんがゲストボーカルを務めたことがきっかけと言われています。

 

ヨルシカの全楽曲の作詞作曲編曲を担当するn-bunaさんはボカロP時代、こんな曲を作っています。

 

 

メリュー

メリュー

  • くろくも
  • アニメ
  • ¥250

 

夜明けと蛍

夜明けと蛍

  • ウォルピスカーター
  • アニメ
  • ¥250



ウミユリ海底譚(カバー)

ウミユリ海底譚(カバー)

  • majiko
  • J-Pop
  • ¥250

 

ボーカルは僕チョイスで選出させて頂きました()

1曲目のメリュー。これはn-bunaさんのボカロ曲で僕が1番好きな曲です。ボカロというよりかなりJPOPらしく、ボーカルの立つ編曲でとてもエモおしゃんです。

1.2.3曲共にニコニコ動画では400万を超える再生回数を誇り、ボカロP界隈のレジェンドの一角であるとも言えるn-bunaさん。あ、ちなみに読み方はナブナさんです。今更。

 

そんな方が邦ロック界に参入。ニコニコ動画から存じていた僕からしたら、ニコニコ動画のトップが一般層にどれだけ通用するのか?なんて見方でも見ていました。

 

ファーストミニアルバム、「夏草が邪魔をする」2017年6月に発売。もともとボカロPとして人気を博していたこともあり、初登場35位と高順位でのスタート。

また、収録曲の「言って。」のMVがYouTubeに公開され独特な歌詞とMVが物議を醸しました。

言って。

言って。

  • ヨルシカ
  • ロック
  • ¥200


これは是非MV若しくは歌詞と併せて聞いて頂きたい。「言って」と「逝って」が掛詞となっているちょっと可愛い不思議な鎮魂歌です。

 

きっと、人生最後の日を 

前に思うのだろう

全部 全部言い足りなくて 惜しいけど

あぁ、いつか人生最後の日、

君がいないことを

もっと もっと もっと

もっと ちゃんと 言って

 

あのね、私実はわかってるの

もう君が逝ったこと

あのね、わからず屋って言うんだろね

忘れたいんだけど

 

そして、人生最後の日君が見えるのなら

きっと、人生最後の日も愛を歌うのだろう

全部、全部無駄じゃなかったって言うから

あぁ、いつか人生最後の日、

君がいない事が まだ信じられないけど

もっと もっと もっと もっと

もっと もっと もっと 君が

もっと もっと もっと もっと もっと 

ちゃんと、言って。

 

歌詞を見ないで何も考えずに聞くとわかり辛いかも知れません。

.

僕なりの歌詞解釈は、

 

私がずっと想いを伝えたかったけど伝えていなかった君。それは伝えていなかったのではなくて伝えられなかった、君はもう"逝って"いたから。だからもし人生最後の日に君がそばに居るのなら、私は愛を歌うんだろう。だから、君ももっとちゃんと"言って"欲しい。私のことを愛してるって。

 

的な。

 

歌詞の解釈ですからね??ポエムじゃないですからね???

 

そして多分、MVからも推察するにここで言う「人生最後の日」とは、"私が死ぬ日"のこと。きっと君を追って自殺してしまうのだと思います。

.

もう既に死んでしまった君と愛を確かめ合うことが出来なかった。そんな後悔から、君が死んでしまったことをわざと考えないふりをしていた。

 

少し似た曲を知っていますが、

粘着系男子の15年ネチネチ (feat. 初音ミク)

粘着系男子の15年ネチネチ (feat. 初音ミク)

一見ただの可愛い曲がかなり深い歌詞となっています。

 

MVではイラストの可愛い幼い少女が、退廃的な空気感を帯びた実写の背景の前で踊っている少し変わったクセになるもの。

 

もっとちゃんと言って、と繰り返し歌うシーンで少女が最後に少しだけ苦しそうな顔をする所がとても印象的です。君の言葉を聞くことはもうできないって切なさが、視覚聴覚両方で訴えかけてくる感じ。

 

f:id:waniwani_q:20190527120837p:image

 

f:id:waniwani_q:20190527204755p:image

 

.

.

 

 

suisさんの歌声

 

こうしてヨルシカとしても順調に知名度を上げ、最近ではYouTube投稿されたMVはどれも数百万再生と、もはやトップアーティストと言えるほどの人気です。

 

デビューからここまで人気に上り詰めるまで一瞬でした。まさに飛ぶ鳥も落とす勢いで駆け抜けてきましたね。

 

ヨルシカの特徴といえば、繊細な歌詞に非常にマッチした繊細な歌声が、感情を織りまぜながらもクリアに歌い上げている芸術的な組み合わせ。

先程載せたようにn-bunaさんが作った曲をカバーしている方は当然沢山いるのですが、suisさんがやはり1番しっくりきます。この2人に関してはまさに満を持しての邂逅と言えましょう。

 

ヨルシカの不思議なところって、めちゃくちゃリピートしたくなるんです。僕はその秘密がボーカルであるsuisさんの歌声にあると思うのです。

 

僕が気付いたsuisさんの歌声の癖になるポイントとして、透き通るようなファルセット。これがとても中毒性がある。聴きたくなる。

 

爆弾魔

爆弾魔

  • ヨルシカ
  • ロック
  • ¥200

 

サビの「この日々を爆破して」というフレーズ。歌詞だけ見てみるとなんだか力強くロックに歌い上げられていそうですよね。

しかしまあなんとも綺麗な裏声。優しくね?歌詞いかついのに歌い方優しくね?

 

でもなんだか聴いているうちに「爆破する」行為の狂気がじんわりと伝わってくる。

 

あの夏を爆破して 思い出を爆破して

酷いよ、 君自身は黙って消えたくせに

酷いよ全部

この街を爆破して このままじゃ生きられない

だから今 さよならだ 吹き飛んじまえ

 

「僕」を好きにさせた君はどこかに黙って消えてしまった。想いは叶わないからそれなら思い出ごと、君を好きになったあの夏ごと爆破してやる。そんな歌詞。

 

確かにそう考えてみると、「君なんてクソ喰らえ!!死ね!!爆破してやる!!!」って感じではなく「ズルいよ、私の事好きにさせておいて。もう全部、爆破するね?(ニヤリ)」って感じですね??

 

その狂気を、ファルセットで見事に表している。

 

鳥肌立ちません?

 

.

.

.

 

これは聴いとけ!!

 

最後にアルバムの中から僕が1番気に入った曲を紹介しましょう。

 

エルマ

エルマ

  • ヨルシカ
  • ロック
  • ¥200

 

実は今回のアルバムは、「主人公」と「エルマ」2人の人間を物語形式に曲にしています。

 

曲名やインストに日付や月が入っているものが多いため推測も易いのですが、トラックの1番最後の曲である「だから僕は音楽を辞めた」から、最初の「8/31」というインスト曲に向けて順番に聞いていけば何となく流れを掴めるんじゃないかと思います。

 

粋なことしますね、n-bunaさん。

 

そんななかでも1番目を、耳を引いた曲といえば「エルマ」。この物語の主人公の、

愛する人の名前をそのままタイトルにしています。

 

ヨルシカの楽曲には、全体的に漠然としたプロットとして「愛する人を失った悲しみ」というテーマがあると思います。

先程取り扱った「言って」や、「だから僕は音楽を辞めた」「ただ君に晴れ」など、好きだった人を亡くしてしまったことを彷彿とさせる歌詞が随所に散りばめられています。

 

この「エルマ」では、その愛する人を失った悲しみ、空虚感を歌にしています。

 

このまま何処かの 遠い国で

浅い夏の隙間に 寝そべったまま

涙も 言葉も 出ないままで

ただ夜の深さも知らないままで

 

好きな人が居なくなり、涙も枯れ果ててもう何もしなくない、何処か知らない場所にいってしまいたい、みたいなニュアンスですね。

 

このように超絶ゴリマックス切ない歌詞なんですが、歌い方が繊細で歌詞の内容と非常に合っているのです。ヨルシカでは少ない純バラード楽曲。聴いてるだけでカタルシスを感じます。

 

.

.

.

.

 

夏に聞きたくなる爽やかなロックですね。ヨルシカさん。にしても、アルカラとかユアネスとかヒトリエとかパスピエとか、カタカナ4文字にするのが流行ってるんですかね?

 

彗星のように急に姿を現したヨルシカ、今もその人気はうなぎ上り。今後の活躍にも期待ですね。僕は今年ドラマかなんかとタイアップしてよりメジャーになるんじゃないかと予想しています。

 

.

.

完全に私事なのですが、ここ最近バイトの連勤が止めど無さすぎて寝る暇が全くない。バイト大学バイト大学をずっと繰り返す毎日です。

それもずーっと夜勤だから、学校が無い日の昼しか寝れる暇がありません。誰か、僕とヒルシカ組みませんか?……

 

逃げる。では。