wani の音楽日記

音楽が好きな大学生です。 とはいえ音楽経験は全くないので完全フラット素人目線の自己満垂れ流しブログです。

僕が唯一追っかけていたアイドル

こんにちは。

 

男性の皆さんには、誰しもアイドルにハマる時期ってもんがあると思います。時代を問わず。

昔なら松田聖子だとか、中森明菜とか。僕ら世代だったらAKBや乃木坂、ももクロエビ中などなど。

 

最近はアイドル戦国時代とも呼ばれるように、アイドルの数がめちゃめちゃ増えてます。その分興味ない人でも目にする機会が増えて、昔よりもアイドルに熱中している男性が増えたんじゃないでしょうか。

 

そんなことを言ってる僕にも、アイドルにハマっていた時期があったわけで。そのアイドルというのが、でんぱ組.incなんです。

 

電波系ソングとはこのこと

 

僕がハマったのは丁度5年前くらい。「サクラあっぱれーしょん」という楽曲がきっかけでした。

 

まさに電波の如く、ビビっと来ましたね。

かなりアップテンポで絶え間ないハイトーン。曲調が2転3転もするしサビがどっからどこまでかわからない。曲の構成も斬新そのもの。

 

他の曲はどんななんだろうと気になってしまう。

 

それまでアイドルというものに一切興味がなかったのですが、でんぱ組.incにはドハマりしました。

でも、その入口は楽曲のエキセントリックさ。他のアイドルのように万人に媚びへつらった可愛らしい楽曲より、その名の通り電波系の風変わりな楽曲が目立つアイドルグループ。

 

そこから一気に虜になった僕はすぐに一級のオタクに成り上がり、ライブやイベントにも足繁く通いました。

.

.

 

でんぱ組.incを知らない方々のために、まずはでんぱ組.incの楽曲の魅力を伝えたいと思います。

 

有名なのはこの辺でしょうか。

 

 

 

どちらもでんぱ組を象徴する楽曲と言っても過言ではないですね。

 

1つ目に挙げたでんでんぱっしょん。一番有名な曲だと思います。6人のパート振りがかなり絶妙で特徴のある歌い方や声がとても耳に残ります。サビの疾走感がとてもきもちいいですね。

MVのダンスもカラフルで可愛く、アイドルらしいけど新しい至妙な作りになっています。

 

ちゅるりちゅるりらもCMソングに起用されていたため比較的有名だと思います。和風のメロディラインと無心で聴ける歌詞。嫌なことを忘れたいときに大声で歌いたくなります。

オーディエンスとの掛け合いも多いのでライブではかなり盛り上がります。

 

ライブといえば、でんぱ組.incの魅力はライブにもあります。

アイドルのライブって共通して言えるのが、ファンの一体感がやべえんですよ。所謂コールだとか口上だとか、曲の始めや感想で皆が声を揃えて叫ぶっていうのはなかなかに気持ちいいものです

加えてでんぱ組のライブではオタ芸もかなり盛んで、玄人達はサイリウムの動きもリンクしていて一つのアート作品が出来上がります。

 

歌もライブも楽しいでんぱ組.inc、面白いのはそこだけじゃないんです。

 

.

.

.

マイナスからのスタート

 

でんぱ組の現在のメンバーは6人。

 

赤担当 古川未鈴ちゃん、白担当の相沢梨紗ちゃん、黄色担当成瀬瑛美ちゃん、青担当藤咲彩音ちゃん、ミントグリーン担当根本凪ちゃん、たまご色担当、鹿目凛ちゃん。

 

何度か編成が変わり今の体制になっているのですが僕が応援してた全盛期は後ろの2人の代わりに紫の最上もがちゃん、ミントグリーンの夢眠ねむちゃんがいました。

なので僕の書く記事はこの6人についてだと思ってもらって構いません。悪しからず。

 

.

.

 

アイドルってたくさんありますけど、どのアイドルにもコンセプトっつーもんがあると思います。AKB48は「会いに行けるアイドル」みたいに。

でんぱ組.incのコンセプトは何かって、メンバー全員がヲタクなんです。ヲタクアイドルなんです。秋葉原拠点らしい、目を引く特徴です。

 

.

.

そんな特徴を持ったでんぱ組.incに、こんな楽曲があります。

W.W.D

W.W.D

 

この曲を聞けば6人の、でんぱ組.incの簡単な自己紹介がわかると思います。

 

いじめられ 部屋に引きこもっていた

ゲーセンだけが 私の居場所だった

 

夢破れ 破れかぶれになってた

ふと気づいたら ここで笑ってた

 

ラジオだけが友達だった

厨二病ひどくて みんな引いてた

 

動画サイトたくさん踊ってみたよ

再生数のため パソコン噛り付いてた

 

アニメ漫画 田舎で憧れてた

聖地 アキバ 私ここで生きてます

 

ずっとずっと引きこもってネトゲやってた

両手じゃ足りないから

ファンクションキー足で押してた

 

6人がパートに分かれ歌います。

さすが、オタクアイドルを名乗るだけはあるようですね。

 

元々何もなかった根暗な6人が集まって、大きなステージを目指す。

 

ただの激アツ展開やんけ。

 

地の底で蠢いてたんだ

ドン底も経験してんだ

夢を見たっていーじゃん! 見返してやるし!

我らの名前は でんぱ組.inc!!!!!

 

狭いステージから 世界を目指せ

伝えよう ビリビリの電波

どこまでも行ける 捨てるものなんかない

マイナスからのスタート 舐めんな!

 

多く語ることは無い。この曲にでんぱ組の全てが詰まっている。。。

 

「マイナスからのスタート舐めんな」

有名になった今でも、この精神を忘れずにまだまだ邁進して欲しいです。

.

.

.

 

かつて、これがアイドルだ、と思って活動していた松田聖子さんは平成の新しいアイドルの形に目を丸くするに違いありません。こんなアイドルが現れるだなんて誰も想像していなかったでしょう。まさにアイドル界の変わり者達。

 

しかし、なんで男女問わずアイドルがここまで人気を博しているのか。

 

ただ可愛いから?歌がいいから?

 

違いますね。

 

アイドルの良さは成長過程にあるのです。

 

.

.

大きなアイドルグループだって、デビュー前は一般人達。有名になるまで相当過酷な道のりがあるはずなんです。

 

そんな彼女たちの有名になるまでの道のりに目を留めてしまったら最後ですよ。抜け出せん。

.

元々がオタクで引きこもり、根暗な6人がパッと集まっていきなりまともにアイドルできると思いますか??

 

ファンの人に笑顔で応えて、キラキラした衣装着て人前で歌って踊る。そんなん根暗じゃなくてもできないってもんです。

 

他のアイドルと違って、マイナスからスタートしてる。その分、彼女たちの伸び代は途轍もないんです。

 

 

オススメの楽曲達

 

檸檬色

檸檬色

 

もちろん電波ソングばっかりじゃない。ゆったりした可愛らしいポップチューンです。ライブで観れる振り付けもかなり可愛いくて好き。YouTubeにPVが上がってたと思うので是非。

 

イロドリセカイ

イロドリセカイ

 

かなりマイナーめな楽曲。こちらも落ち着いた曲調です。作曲者さん自身が弾き語っている動画がYouTubeにあるのですが、そちらも味があってイイ。

 

 

ムヒとのタイアップ曲。耳に残るメロディックなアップテンポで、衣装やダンスも可愛いです。ピンキーすこ。

 

 

 

.

.

.

.

できるのならでんぱ組.incというアイドルを、デビューから応援したかった。

そして皆さんにも一緒に応援して欲しかった。

一緒に成長を見届けて、武道館で大泣きしたかったです。

 

僕は大学に入り、バイトやらサークルやらに追われ自然とオタ活が出来なくなっていって少し距離ができてしまい、気付いたらもがちゃんは抜けて新しい子が入ってるし、ねむきゅんも卒業したしでてんてこ舞いです。

 

しかしまあ、今日ここまで記事を書いてみて、新しく生まれ変わったでんぱ組.incにも触れてみたくなりました。

 

よし、早速今からヲタ芸とコールの復習でも始めよう。皆さん、次の現場でお会いしましょう。

 

では。