wani の音楽日記

音楽が好きな大学生です。 とはいえ音楽経験は全くないので完全フラット素人目線の自己満垂れ流しブログです。

神聖かまってちゃんはかまってちゃんじゃなくなった

こんにちは。

 

更新頻度が早すぎて実生活の退屈さが筒抜け状態のwaniです。

 

目次

 

 

突然ですが皆さんは普段どんな音楽を聴きますか?

 

 

まあ返事がない所までは予想通りです。僕は結構幅広く聴くんですね。
バンドも聞けばシンガーソングライターも好きだし、アイドルもアニソンも、ボカロも一通り聴いてます。洋楽ばっかりは大にわかなんですけど。

 

 

日本にもまだこんな恐ろしいバンドが生きていた

神聖かまってちゃんというバンドをご存知でしょうか?

 

色んな意味でかなり有名なバンドなので知っている方も多いと思います。

 

最近だと、「フロントメモリー」という楽曲が鈴木瑛美子さんにカバーされ、映画のテーマソングとして登用されていましたね。(これに関しては鈴木瑛美子さんの化け物歌唱力と亀田誠治さんの鬼編曲によってとんでもない完成度に仕上がっています。1番聞きやすい音楽になってると思うので入門に是非。)

 

 

んで、結局言うことになるので簡潔に言いますと、なかなかぶっ飛んでるバンドです。


正確にはぶっ飛んでた、バンドかな。

 

名前の通りかまってちゃんなのか?と。いやもはやかまってちゃんの領域をゆうに凌駕しているのではないか。

 

 

楽曲については敢えて多くは語らないでおきます。ただ、どれも素晴らしくロックでカッコイイです。天才だな、とナチュラルに思ってしまいます。悔しいことに。

 

このバンド、日本では指折りの過激ライブパフォーマンスでも知られていました。過去のライブでは、ボーカルのの子さんが剃刀を持ち込んで自分の皮膚を切り、かなりの量の出血した状態で歌ったりとか、同じくの子さんがライブ中に放尿したりだとか。

 

バンドっつーか、の子がぶっ飛んでんですわ
の子さんは境界性人格障害という精神病を患っていて、その影響もあるのかネット上やライブでの過激な行動がかなりありました。

 

所謂炎上商法と言うやつなんですかね。僕がかまってちゃんを聞くようになったきっかけもそういった噂からだった気がします。

 

ライブストリーミングでトイレに入っていくところを当たり前のように撮影していて何故かそこでもロックを感じてしまったわけです。

 

楽曲も独特で、初めて聞いた人はギョッとするような物が多かったです。
しかしどれも作り込まれていて、ハイセンスな歌詞と独特のテンポ感がとても癖になります。

 

 

成長したかまってちゃん、偉いぞ


そんな神聖かまってちゃんも紆余曲折を経て去年で結成10年を迎えました。

 

10年目を迎えて出したアルバム。「ツン×デレ」。

 

いや、ただのクソ良いアルバムやん


気のせいか、いや気のせいじゃないよね。昔よりも曲もかなり聞きやすくなってる。音楽になってる。

 

良い意味で丸くなってんですよ。もちろん昔のロックなかまってちゃんの良さもあるけど。

 

 

「ツン×デレ」収録の1曲目、「33才の夏休み」。10年前の「23才の夏休み」の続編でしょうか。

 

空浮かぶ君の雲 寂しげ夏
甘酸っぱい可能性を まだ秘めている
きっとこの先は 叫んだって
君との夏は いつか終わるんだって
消えていこう水色の街中へ


切ねぇ。

 


そっか、の子さん33才なんですね。少年みたいなイメージがどうしても拭えなくって実感が湧かないです。


ライブでの数々の奇行は本人曰く「若気の至り」らしいです。笑

 

大人になったということですね。初期から歌っていたテーマでもあります。成長。嬉しくも切ない。

 

 

しかしこのアルバム、まさに粒揃いと言ったところです。やっぱの子さんは天才なんだなと思いました。

 

一見ぶっとんだバンドに思われがちですが、音楽性は筋金入りです。昔のかまってちゃんから今のかまってちゃんまで、是非通して聴いてみてください。

 

では。